ラグマットがもつ多くの素材による使用空間とメリットとは

SITEMAP

Rug mat

ラグは実用と装飾を兼ねるアイテム

落ち着いている部屋

昔は部屋全体にカーペットを敷いた部屋が多く、最近はラグを利用する家庭が多いのではないでしょうか。ラグはサイズが小さい「部分敷」のため、購入も取り扱いも選び方も簡単なところがメリットです。敷き詰めるのと違って、暑い夏はひんやりした床も同時に楽しめます。小さいからこそ、部屋やコーナーのアクセントにとても効果的に使うことが出来ます。キッチンに敷くラグは、床を水ハネや油汚れから守るほか、長時間堅い床に立つための痛みや、足元を冷えから守るなどの実用性があります。サイズのも小さいので、汚れたら洗濯機ですぐ洗えるのはとても助かります。
リビングのソファやテーブルの下に敷くとくつろいだ雰囲気も出ますし、部屋の中心として視線を集めることでインテリアにメリハリを与えることが出来ます。
また、ダイニングテーブルでものを食べるとき、どうしてもパンくずやお菓子の欠片がいくらか落ちてしまうのは仕方のないことです。床のままだと、歩くときに落ちた食べかすが部屋中に運ばれていってしまいますが、ラグを敷いておけばラグの上に受け止められるので部屋中に広がることがなくなり、掃除が楽になるという効果もあります。毛足の短いものでしたら、掃除機ですぐに吸い取れます。

TOP