ラグマットがもつ多くの素材による使用空間とメリットとは

SITEMAP

Rug mat

ラグの生地の種類とそれぞれの特徴

ラグマットが敷かれている部屋

ラグに使用される素材として種類は多くあります。1つは、天然繊維ならではの冬は暖かく、夏は涼しい機能に加えて優しい風合いに人気があります。シックハウス症候群の元とも言われるホルムアルデヒドなどの物質を吸着する効果もあります。親水性が高いので室内の温度調整にも役立つ一方で、汚れを吸いやすい為に表面の防汚加工がされたものを選ぶ事が良いです。アクリル素材は、ふっくらとして柔らかい弾力や保湿性が良いなどウールに似た風合いを持ちます。、耐薬品性がありカビや害虫を受けない、色の鮮やかさがあり保湿性が良い毛皮のような光沢があり高級感がある素材です。発色性に優れていて色バリエーションが豊富なのもポイントです。熱には弱く毛羽立ち易い事はデメリットと言えます。他にもナイロンのラグはとても強くて軽く、人の行き来の多い場所に敷くのに向いています。欠点は静電気が起きやすくタバコの火を落とすと黒く焦げ跡が残ってしまいます。
コットンは繊維の中で肌触りの良さが特徴で赤ちゃんなどのデリケートな肌もコットンは優しく包んで刺激をする事はないのでオススメの生地と言えます。他にもポリエステルや麻などラグの生地には多くの種類が存在するので気に入ったものを選ぶ事が肝要です。

TOP